プラセンタの用途別の違い(注射・内服・化粧品)

プラセンタには多くの用途がありますよね。

注射
内服
化粧品

このように、大きく分けると3つの用途があります。

なにがどのように効果的なの?と思っている方も多いと思いますので、今日は用途別の違いにスポットを当ててみましょう。

・用途1 注射の場合

プラセンタを注射したいという方の多くは、

・美容目的
・治療目的
・発毛目的
・滋養強壮

このように言われており、人により目的は異なるものの、効果はサプリメントや化粧品よりも高いと言われています。

注射

プラセンタ注射は、基本的に皮下注射になるので、人体に大きな副作用などを与えることはありませんが、まれに発疹・嘔吐・発熱などを訴えるケースがあります。
しかし、重篤な副作用は確認されていませんので、むやみに怖がることはありません。

ただし、注射を行うと献血ができなくなります。
そのため、輸血などが必要な際に他人に血液を分ける事ができなくなりますのでその点はご注意ください。

プラセンタ注射には、更年期障害の緩和や肝機能障害の治療。
そして、乳汁分泌不全の治療にも効果を発揮している実績があります。




・用途2 サプリメントの場合

市販のサプリメントには、動物性プラセンタが使用されており、プラセンタの原料により効果は少しづつ変わってきます。

主な効果は、

・美肌効果
・美白効果
・アンチエイジング
・疲労回復効果

このように言われており、主に美容目的で服用される方が多い印象です。

値段は2000円前後~18000円前後と幅が広く、コストが低い商品の多くは豚プラセンタとなっています。

サプリメントは、継続して3ヶ月程度で効果を実感した方が多い統計があります。

・用途3 化粧品

化粧品

プラセンタは、保湿効果や美白効果などに優れていますので、美容液や化粧水などの基礎化粧品に多く含まれています。

ここで使用されているのは動物性プラセンタもしくは植物性プラセンタとなっており、最近では副作用が最も低い植物性プラセンタが話題となっています。

植物性プラセンタは、胎盤ではなく胎座を使用しているプラセンタであり、その効果は確立されていませんが評判は上々のようです。

注射やサプリメントと比較すると、効果は穏やかで副作用などのリスクも最も低いと言えます。

・まとめ

初めてプラセンタを使用するといった場合は、気軽に始められるサプリメントや化粧品がお勧めですが、ご紹介しましたように用途により効果は違いますので、まずは自分がどの用途が向いているのかを考えてみてくださいね!