プラセンタの選ぶときのポイントについて

美容や健康維持のためにプラセンタに興味が高い方も多いと思いますが、プラセンタをいざ自分で使用してみようと考えると、一体どのように選べばよいのかわかりませんよね。

というのも、市販のサプリメントや化粧品に含まれている動物性プラセンタには種類がありますし、効果がとても高いと言われている「ヒトプラセンタ」は、どんな人が選択しているのかもよくわかりません。

そこで、プラセンタは一体どのように選ぶべきなのかについて、ポイントをいくつかお話したいと思います。

・プラセンタを選ぶ際のポイント1

まず、どのように取り入れていきたいのかを考えましょう。

例えば、アンチエイジング目的で使用を考えているのならば、

・サプリメント
・化粧品
・ドリンクタイプ

このような商品が主に市販されています。

髪の毛

続いて、医療機関ではプラセンタの注射や内服が一般的で、主に美容・育毛・疲労回復・持病の治療などに取り入れられています。

まずは、自分はどのタイプでプラセンタを取り入れてみたいのか、ライフスタイルを考えながら選択してみましょう。




・プラセンタを選ぶ際のポイント2

取り入れたい方法が決まったら、次にプラセンタの原料を決めます。

市販のサプリメント・ドリンク・化粧品を使用したいと考えている方は、

・馬
・羊
・豚

この3種類から使ってみたい原料を選択しましょう。

もしも、原料よりもコストが大切だと考えているのならば、豚プラセンタが一般的です。
豚プラセンタは、人体になじみが良いと言われていますが、馬や羊と比較すると効果は少しダウンすると言われていますので、まずは試して効果を実感してみてください。

コストが気にならないというのであれば、豚→羊→馬といった順で効果が高くなるとも言われていますので、参考になさっ飲むプラセンタてくださいね。

また、ヒトプラセンタに関しては別格と考えてください。

ヒトプラセンタは、医療機関でのみ可能なプラセンタ原料となります。

・プラセンタを選ぶ際のポイント3

最後に、プラセンタを選ぶ際には副作用などのデメリットもしっかりと知っておく必要性があります。

例えば、医療機関でプラセンタ注射を受けた場合は、感染症予防の観点から献血を行うことは一切できません。
万が一、家族内で輸血を必要としていても、血液を分けるといったことはできませんので、このような緊急時のリスクをしっかりと把握してください。

また、動物性のプラセンタに関しても、安全性が確立されている商品かどうかをしっかりとリサーチして使用するとより安全ですね。