プラセンタの原料の種類

よく化粧品やサプリメントで「プラセンタ配合」という文字を見かけますが、この含まれているプラセンタにはきちんと種類があることをご存知ですか?

プラセンタドリンク
プラセンタサプリメント
プラセンタ化粧水

これらに含まれているプラセンタは基本的に動物性のプラセンタになりますが、商品により使用されている動物は異なります。

今日は、プラセンタの種類についてスポットを当ててみましょう。

・プラセンタの種類と特徴

まず、一般的に「プラセンタ配合」と書かれている多くの商品は、「豚プラセンタ」を使用しています。

豚プラセンタは、分子構造が人間と類似しているため、吸収がとても良いとされています。
コストの面でも優れているので、多くの商品は豚プラセンタを使用していますが、安全面での配慮が必要です。
そのため「SPF豚」と表記のある商品が安全性が高く、商品を選択する目安にもなります。

羊

次に、海外で人気が高かったのが「羊プラセンタ」です。

羊プラセンタは、マドンナも使用しているプラセンタなんて噂もありますが、安全性が高いので安心して使用出来るメリットがあります。
ただし、日本ではあまり馴染みがないため、商品化されているものが少ないのと、効果については明確になっていないとも言われています。

そして、動物性プラセンタの中で最強と言われているのが「馬プラセンタ」です。

馬プラセンタは、アミノ酸が豚よりも豊富で健康・美容効果にとても優れています。

ただし、動物性プラセンタの中でも1番高価なため、コスト面ではあまり優れていると言えません。

そして、最後にご紹介するのが人間の胎盤を使用した「ヒトプラセンタ」です。

ヒトプラセンタは、市販の化粧品やサプリメントに使用するのを禁じられているため、入手できるのは医療機関のみとなります。

美容目的や育毛効果を期待する注射や、内服薬にヒトプラセンタは使用されており、肝炎の治療にも積極的に取り入れられています。

もちろん、動物性プラセンタよりも効果は高く、コスト面では一番高いのが特徴的です。

・プラセンタの原料の選び方

自分自身で

プラセンタの種類と特徴を見ていただくとわかりやすいのですが、どのプラセンタにもメリット・デメリットがありますよね。
そのため、どれが優れていてどれが駄目だ。などということはありません。

どんなに効果が高いと言われていても、合わない原料もありますし、まずは自分自身の体と相性の良いプラセンタ原料を探してみてください。

ヒトプラセンタに関しては、医療機関でしか取り扱いがないので医師の診察が必要となります。
美容関連の注射などに関しては保険適応外になりますので、そこだけ注意してくださいね。