プラセンタの効果

美容にも健康にも効果が高いと言われているプラセンタ。

プラセンタとは日本語で「胎盤」と言い、お腹の中に赤ちゃんを宿した時にだけ存在するいわば期間限定の臓器です。

胎盤

この臓器は、自然と妊娠することで形成され、赤ちゃんを出産すると同時に体外へと放出されます。

胎盤が存在する主な理由は、お腹の中の赤ちゃんへ母体から栄養素を送るためと、驚異的な細胞分裂を起こすのに必要な成長因子が含まれています。

動物の場合は、母体の回復も兼ねて出産後に自らで食べてしまいますが、人間の場合は基本的に胎盤は産院の方で本人に許可を取り、処理されるような仕組みとなっています。

人間の胎盤である「ヒトプラセンタ」は、肝炎の治療や、様々な医療現場で重宝されており、とても価値があるものです。

今日は、動物のプラセンタも含め、プラセンタが私たちにどのような効果をもたらすのかをご紹介していきたいと思います。




・動物性プラセンタの効果

動物性のプラセンタは、主に馬・羊・豚となっており、サプリメントや化粧品に配合されています。

動物性プラセンタが、このような美容になぜ活用されるのかというと、

・アンチエイジング効果
・美白効果
・保湿効果

このように言われており、女性の美肌を保つのに最適だと言われています。

そして、美容だけではなく疲労回復効果なども見込めるため、肌の調子を整えながら体調も良好にしてくれると、好んでサプリメントを服用する方も大勢います。

豚

動物性プラセンタは一般的に安値で手に入る豚プラセンタが多く、美容効果が最も高いのはアミノ酸豊富な馬プラセンタだと言われています。

しかし、プラセンタサプリメントは様々な成分をプラスして相乗効果などを期待する商品もありますので、一概に豚よりも馬の方が効果があるなどとは言えませんし、羊プラセンタが人体には吸収率が高いと言う方もいて人それぞれです。

・ヒトプラセンタの効果

ヒトプラセンタは、動物性プラセンタとは違い主に病院の取り扱いとなります。

そのため、市販の化粧品やサプリメントには配合されておらず、病院での治療薬や保険外治療にて使用されています。

・肝炎の治療
・乳汁分泌不全の治療
・脱毛の治療
・保険外治療(美容目的の注入など)

動物性プラセンタと比較すると人体への吸収はもちろん、効果にも優れています。

プラセンタは有効に活用することで、健康や美容と様々な効果を発揮しますので、是非参考にしてください。