プラセンタの配合量の違い

これからプラセンタのサプリメントを購入しようと考えている方には是非ご覧いただきたいのですが、プラセンタサプリメントは、商品により配合量が異なります。

そして、プラセンタをどのように配合しているのかについても、商品により違いがありますので、今日はプラセンタを配合量で選択できるようになるコツをあなたに伝授したいと思います!

・プラセンタ配合量は数字にごまかされないこと!

プラセンタサプリメント

プラセンタ商品のホームページなどを見ていると、「業界最大量配合」などと記載されていたり、「どーんと30000mg配合」なんて書かれていたりします。

しかし、問題なのは「プラセンタエキス」なのか、もしくは「プラセンタ末(原末)」と書かれているのかです。

プラセンタエキスとは、ほぼ水分で作られているので、例え30000mg配合されていても、その中の効果的なプラセンタエキスはごくわずかです。

しかし、プラセンタ末もしくはプラセンタ原末と書かれている場合は、水分や不純物を取り除いた濃縮エキスを粉末にしてあるものになりますので、体内でより効果的に実感できます。
一方、プラセンタエキスの場合は、エキスの中の約10~15%のみが有効成分になります。

そのため、配合量の数字に惑わされずに、何がどの程度配合されているのかを見比べるのが大切です。

「例」
A商品プラセンタエキス30000mg 

B商品プラセンタ原末300mg

※2つの商品はほぼ同じである




・プラセンタ以外の配合量も確認する

サプリメントやドリンクにとても多いのが、プラセンタ以外の美容成分を加えるという点です。

例えば、プラセンタにプラスしてコラーゲンやヒアルロン酸を配合していたり、セラミドやコンドロイチンなどを配合しているものもあります。

また、女性特有の月経異常や生理痛などに効果が高いと言われている「マカ」や「大豆イソフラボン」を配合している商品もありますので、一体どの成分が一緒に含まれていることを望むのかが大切です。

例えば、単純にプラセンタだけで良いと考えて、プラセンタエキス30000mgの商品を選択するのか、プラセンタエキスは25000mgだけどもコラーゲン1000mgやその他の成分が総合的に配合されている商品が良いのかなど、選び方は人により大きく異なります。

・まとめ

実際に使用してみないと、正直どの配合量が効果的なのかはよくわからないので、いくつかの商品を取り入れて様子を見てみるのがオススメです。

どの商品にも、効果・効能はそれとなく記載されていますし、中には効果がない場合は全額返金保証も行っている商品があります。

是非上手に活用して、お気に入りの配合量を見つけてくださいね!